Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1] こんにちは

リンク追加させて頂きましたぁ。

しかし、遥氏凄いな、ここまで多くのものを感じ取れるなんてと感動しきり。

でもこちらのBlog一般人にはちょっと紹介躊躇ってみたり(笑)
  • 2005-04-01
  • 投稿者 : 真琴
  • URL
  • 編集

[C2] こにゃにゃちは(マテ)

報告どうもです。(嬉)

呼び方は今までのと同じでも、どちらでも構いませんよん。

えーと、サイトについては・・・まぁ、確かになぁ(苦笑)
まるっきり一般人の方に入ってこられても、こちらもリアクションが取りにくいッす!w

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ippanjin.blog6.fc2.com/tb.php/4-1e4ea3c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

――――ここに、いるよ。

imga020s.jpg
ほしのこえ The boices of a distant star
作者 佐原ミズ 原作 新海誠 講談社

○簡単な紹介
  長峰美加子と寺尾昇は、同じ高校を目指す中学3年生。だが、ミカコが国連宇宙軍のタルシアン(異星人)調査隊に選抜されたことで、二人は離れ離れになってしまう。
  宇宙と地球に別れても、メールで連絡を取り合う二人。しかし、人類が初めて経験する距離は、二人の心と時間を否応無く隔てていく・・・。

  以上、あらすじ。新海氏がアニメ映像作家として脚光を浴びた「ほしのこえ」を、漫画化した作品。繊細なタッチの、綺麗な絵で描かれている。作者の佐原ミズは、佐原 恵太先生(夢花 李)の別名義と専らの噂。

○感想 71点 評価 80点
  友人に紹介されたので、読んでみました。ちなみに新庄は、原作監督の新海氏の大ファンなので、原作の方は先に見ていた作品です。
  読んで受けた印象は、なかなかの良作。特に佐原さんの描き方とコマ割りのセンスが、ほしのこえという作品にかなりマッチしている気がします。
また、原作が細かい設定を出さずに、音や光と言ったアニメならではの演出で魅せる作品だったのに対して、漫画版は設定をうまく使ったオリジナルなキャラを出すことで、ミカコとノボルの絆を強く描けていました。こういう、各媒体のできる/できない表現方法を強く意識している作品は好ましいですね。
  一部、SF作品としての観点からの批判もあるようですが、個人的にはこの作品でのSFと言う部分は、主人公2人の物語の背景(オプション)と割り切る方が楽しめると思っています。

関連:公式サイト
ネタバレキーポイントは続きでどうぞ~
こっからはネタバレ全開ですよ~。
いいですか?いいですね?・・・帰りたい?帰しません。


うぬー。でもしっかし、アレだね。表であれだけ書いたんだから、もう良くね?とか思えて来ない?

01_6.gif

ナ~ニをタルい事言っとるにゃ。書くと言ったからにはとっとと書けにゃ。どうせお主の頭の中には、ヒサちゃん萌え~くらいしか無いのだから、とっとと曝け出せにゃ


・・・どっから湧いて出やがった・・・。いきなり出てきて、ナチュラルに誤解招く発言してんじゃねえよ、この変態化け猫生物!
・・・まぁ、確かにお前の言うとおりではあるけどな・・・。書きたいことを書かないのも体に毒だしな。んじゃ、さっさとやるか。

01_6.gif

ようやく分かったようだにゃ。ぷぅ。これだからナマクラ管理人の相手は疲れるにゃ。
んで、今回の注目ポインツは何なのにゃ?


うむ。この作品で感じたのは、"同じ素材の使い方の違い"だな!



■モノローグ
   懐かしいものが 沢山ある
 例えば夏の雲とか 冷たい雨とか
 秋の風の匂いとか 春の土のやわらかさとか
  夜中のコンビニの安心する感じとか
  放課後のひんやりした空気とか
  黒板消しの匂いとか
  夜中のトラックの遠くの音とか

 そういうものを ずっと一緒に
感じていたいって思っていた


 物語の最初を飾る一文です。そして、アニメ版と漫画版の演出の違いを、最も象徴しているシーンではないかな。

 アニメ版では、同シーンが物語のラストのみに使われています。作品の中でも一番盛り上がる部分で、私もとても好きなシーンなんですが、これはアニメならではの、音や映像を用いたが故の盛り上がり方なんですよね。漫画で似せた手法で書いたとしても、ただの文字の羅列になっていた気がします。
 そこを漫画版では、モノローグで一度インプットさせておいて、本編の中でこれでもかって程主人公二人の想いの深さ・隔たり・葛藤を描いた後に、ラストでもう一度同じ詩を見せる、って形に変えていました。これによって読者は、以前インプットした言葉とのギャップ(言葉の重み)を持つ訳です。あぁ、この言葉にはこんな想いが込められていたんだなぁ・・・って思うんですね。

■Chapter.4
なんだか長峰が哀れに思えた・・・・・・。

同じ世界にいないが故に、忘れられていく存在。その世界に抵抗や反発を持つノボルだが、いずれ彼も、同じ道を辿っていくことになる。

■Chapter.7
「ねえ ノボルくん・・・・・・」
「私たちは・・・・・・」
宇宙と地上に引き裂かれた恋人同士みたいだね・・・・・・


その言葉が示すのは、絆や願いといった全てのモノを隔てさせる、8.6光年という途方も無い距離。


 まぁ、今回はこんな所ですかね。
 作品を通して感じたのは、アニメ版が自分自身への一種のノスタルジーを感じさせるものだったのに対して、漫画版はあくまで「ミカコとノボルの物語」と思いながら読んだという違いを感じたこと。
その上で、ベクトルの違いに関わらず両者に同じ感動を感じたのは、それぞれが自身の媒体にできる演出をしっかりしてるからではないか、と思います。

01_6.gif

ふむぅ。なるほどにゃ。でも読んでて思ったんにゃが、お主の言う演出ってのは、作者の意図した物と言うよりも、お主の勝手な思い込みではにゃいのか?そこんとこ、どうなのよぅ。


いいんだよ~、んなこたぁ。
作品に何かの感動を感じたなら、大なり小なり受け手にとっての感動できる演出がそこにあったってことなんだよ!自分にとって面白いと感じた演出があれば、思い込みだろうとそれで良し!
よく言う演出論なんてのは、最大公約数をマニュアル化しただけなんだから、受け手が迎合したって、ナンセンスさ~。

01_6.gif

・・・・・・とりあえず、お主の屁理屈が一番ナンセンスだということは、とても良く分かったにゃ。
・・・・ところで、ヒサとかいうオナゴの事は何も語らなくていいのかにゃ?


顔に傷を負っても前向きに生きていく女の子って、すごくイイヽ(´ー`)ノと思わない?

・・・?
うわーやめろ貴様ら何をすr・・・



01_6.gif

心 底 どうでもいいにゃ。
宇宙のゴミとして強制撤去を命ずるにゃ

んじゃあ、お前らまた次回にゃ!アデュ~♪
スポンサーサイト

2件のコメント

[C1] こんにちは

リンク追加させて頂きましたぁ。

しかし、遥氏凄いな、ここまで多くのものを感じ取れるなんてと感動しきり。

でもこちらのBlog一般人にはちょっと紹介躊躇ってみたり(笑)
  • 2005-04-01
  • 投稿者 : 真琴
  • URL
  • 編集

[C2] こにゃにゃちは(マテ)

報告どうもです。(嬉)

呼び方は今までのと同じでも、どちらでも構いませんよん。

えーと、サイトについては・・・まぁ、確かになぁ(苦笑)
まるっきり一般人の方に入ってこられても、こちらもリアクションが取りにくいッす!w

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ippanjin.blog6.fc2.com/tb.php/4-1e4ea3c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

新庄 遥

  • Author:新庄 遥
  • 学生。

    2次元物大好き。全肯定。一歩間違えると廃人。もう少し頑張りましょう。

    ●好きなラノベ
     空の境界、キノの旅、アリソン、終わりのクロニクルetc

    ●好きなアニメ
     おねがい☆ティーチャー、フルメタル・パニック ふもっふ、最終兵器彼女etc

    ●好きな漫画
     ONE PIECE、金色のガッシュ、真月譚 月姫、フルーツバスケット

    ●好きなゲーム(コンシューマ)
     ドラゴンクエストシリーズ、テイルズシリーズ、Winning Eleven8

    ●好きなゲーム(パソコン)
     月姫、Fate/staynight、Wind~a breath of heart~、はるのあしおとetc

    ●好きなキャラクター
     黒桐 幹也、新庄 運切、縁川 小石、草摩 しぐれ、シエル、翡翠、瀬尾 晶、間桐 桜

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。